よくある質問

  • HOME>
  • よくある質問

脳神経外科について

脳神経外科はどんな時に行くべきですか?

ながしま脳神経外科リハビリクリニックでは、頭痛やめまい、手足のしびれなど脳にかかわる疾患をはじめ、認知症診療、水頭症、神経内科、脊椎外科などの診療をしています。「転んで頭をぶつけた」といった頭部外傷もお気軽にご相談ください。
また当院では糖尿病内科、循環器内科など脳だけなく生活習慣病診療にも力を入れています。お気軽にお問い合わせください。

MRI検査について

脳のMRIで何がわかりますか?

MRI検査ではとても多くのことが分かります。代表的な疾患では「脳梗塞」、「脳出血」、「脳腫瘍」など生命にかかわる可能性のある病気の有無を精査します。他にも脳動脈瘤(血管にできたコブ)や血管の狭窄・閉塞など脳血管の病気を見つけることもできます。

片頭痛はMRIでわかりますか?

片頭痛や緊張型頭痛ではMRIでは特に異常はみつかりません。こういった頭痛を「一次性頭痛」と言います。脳腫瘍や副鼻腔炎など原因疾患がある頭痛を「二次性頭痛」と言います。一次性頭痛か二次性頭痛かの確認にはMRIはとても有用です。

閉所恐怖症です。MRI検査を受けられますか?

当院では、閉所が苦手な方にもできるだけMRI検査を受けて頂けるよう様々な取り組みをしております。

①気分不良時にすぐに中断できるようブザーを手に持って検査を受けて頂きます。
②音楽ヘッドホンを装着して音楽を聴きながら検査を受けて頂けます。
③検査中も幾度もお声がけをし、少しでも不安軽減に努めます。
④医師が必要と判断した場合には不安を抑える薬を内服して検査を受けて頂けます。

頭痛・めまい・その他の病気

めまいがします。今すぐに受診した方がいいですか?

1時間以上強いめまいが続く場合や、頭痛や吐き気、ろれつが回らない、意識がはっきりしないなどの症状が伴う場合には脳の病気が隠れているかもしれませんので受診しMRI検査を受けることをお勧めします。

時々ひどい頭痛がします。今は症状が無いのですが受診してもいいでしょうか?

はい。頭痛の症状が治まっているときでも受診していただいて大丈夫です。

片頭痛で通院中ですがあまりよくなりません。受診してもいいですか?

片頭痛の回数が多い場合や症状がひどくて困っている場合は予防治療薬の導入をおすすめします。予防治療薬は、内服やCGRP関連薬剤を使うことになります。ただ、CGRP関連薬剤は他の薬剤と比較して費用が高額ですので患者さまとよく相談して適切な治療を進めていくことになります。お気軽にご相談ください。

認知症が心配です。

他の多くの病気と同様に認知症も早期発見・早期治療が重要です。治療時期が早いほど薬の効果が期待できます。「最近、物忘れが増えた気がする」など認知症が心配な方はお気軽に受診ください。

WEB予約

06-6210-6175

© ながしま脳神経外科リハビリクリニック